せっちゃんDAYレポート

せっちゃんデー、
鯵ヶ沢の心をとどけた幸せな夕べ。

2月23日に、鯵ヶ沢の田舎料理を都会に届けるイベント、「せっちゃんデー」が開催されました。会場になった神田なみへいは超満員。終始笑いの絶えない会話と暖かいムードで大盛会となりました。

せっちゃんデーと名付けられた今宵のイベント。その主役はせっちゃんのエクスペリヤンスの家の女将さん、「せっちゃん」こと斎藤節子さん。せっちゃんを都会に迎え、開催したこのイベントは、あじたまレインボウ主宰の白戸さんの長年の夢だったそうです。

白戸さんは、つがるつながりツーリズムと名付けて毎年鯵ヶ沢ツアーを組んで鯵ヶ沢に新たな訪問者を連れて行きますが、宿泊先は必ず「せっちゃんのエクスペ リヤンスの家」と決めています。せっちゃんの暖かいもてなしと、せっちゃんの地元の食材にこだわった田舎料理に触れた人は誰もが鯵ヶ沢を大好きになってくれるからです。

secchan-event4
満員御礼の会場は、鯵ヶ沢の思い出や美味しいお料理の話題で盛り上がっていました!
secchan-event1
今宵の主役せっちゃん!割烹着で50人前を準備中!
secchan-event2
調理チーム、配膳チーム見事なチームプレー!

「東京でせっちゃんの料理が食べれるよ!」という呼びかけに、かつて鯵ヶ沢を訪れたことのある方々が、ご自身の参加はもちろん、鯵ヶ沢の良さを伝えたいと、知り合いに声をかけ、会場の定員60名の席はあっと言う間に予約が埋まり早々と満員御礼締切となったほど。

普段は10名が定員の民宿を営むせっちゃん。今回は60人分の料理を一度に提供するのは初めてだったそうで、当日の厨房は、せっちゃんと数名のせっちゃんファンボランティアさんたちが、お料理の準備にてんやわんやの大騒動。見事なチームプレーで次々にお料理を配膳していきます。

<お品書き>
・わらびの醤油漬け
・赤蕪のすしこ
・ぜんまいのくるみ和え
・きのこの塩辛
・漬けなすと身欠にしんの煮付け
・蛸のさしみ
・はたはたの生干し
・揚げ物・烏賊メンチ、蛸、鱚
長谷川自然牧場のローストポーク
・獄きみ、清水森ナンバ味噌大根添え
長谷川貴輝さんの長芋のとろろ、ごはん
・中村川のシラスのおつゆ
・せっちゃん特製ノンオイルパウンドケーキ

そんなせっちゃんを、一度は逆に都会に呼んで、鯵ヶ沢にはこんな魅力的な人がいるんだ、こんな魅力的な料理があるんだ、という実感を大勢に伝えたかったそうです。

一方で会場内は津軽の酒肴に舌鼓を打ちつつの会話が弾みに弾み、食材の紹介、せっちゃんの料理紹介、津軽の民話の語り部の披露、せっちゃん応援メッセージを織り交ぜながら津軽三昧の三時間はあっという間にすぎていきました。

特別に用意した鯵ヶ沢の日本酒、安東水軍や、りんごジュースの瓶も早々とカラになり、当日会場内でご紹介、販売させていただいた鯵ヶ沢の味覚の数々もあっという間に黒山の人だかりができる盛況ぶりでした。

secchan-event6
鯵ヶ沢のアイドルせっちゃん!楽しいトークが会場を盛り上げます!
secchan-event5
語り部のホンモノの津軽弁は難しい〜
secchan-event-products7
secchan-event-products5

会場となった「神田なみへい」のオーナー、川野さんも、「よかったね〜」と笑顔。実は「神田なみへい」は、このように地方の小さな自治体のコース料理を期間限定で次々と提供しながら、地域のことを都会に繋ぐ役割りをサービスにした居酒屋さんで、知る人ぞ知るの名店なのです。さらに、川野さんも津軽出身とあって、この度のせっちゃんデーの盛会を心から喜んでくださっていました。

secchan-event-products4
secchan-event-products6

鯵ヶ沢の新鮮な食材に、地元自慢の料理人も一緒に都会に届けたせっちゃんデー。

言葉だけでは伝えきれない鯵ヶ沢の魅力を直接感じてもらえたのではないでしょうか。まだ鯵ヶ沢を訪れたことがなかったお客様もきっと、機会をみつけて鯵ヶ沢にきてくださることでしょう。参加した誰もが幸せを感じるこのスタイル、いつか「あじたま式」として流行するかもしれませんね。

イベントの最後、会場を出る参加者ひとりひとりに、せっちゃんの手でおみやげが手渡されました。

おみやげは、白戸さんの活動でおなじみの新聞エコバッグに、鯵ヶ沢の銘菓「鯨餅」や「毛豆のお漬けもの」そして、鯵ヶ沢を紹介する冊子などが入ったものでした。

secchan-event8
鯵ヶ沢の心を伝えるおみやげ
secchan-event10
せっちゃんの心のこもったエコバッグにみんな感動!

中でも人々を感動させたのがこの、せっちゃんお手製の新聞バッグでした。なんでもひとつ作るのに30分。60袋作ると1500分。せっちゃんはこの日に向けて心をこめて折り貯めていたそうです。60名分のフルコースの食材の下準備もさぞかし大変だったことでしょう。この細やかな心遣いと粘り強さ、こんなところも津軽の魅力のひとつとして、人々の目には映ったことでしょう。

参加した誰もが、心を尽くしたせっちゃんのおもてなしを通じて、お料理や食材、その文化はもちろん、人の気風まで、何から何まで鯵ヶ沢の魅力を味わいつくした夕べでした。

鯵ヶ沢役場観光商工課、ボランティアでお手伝をいいただいたみなさまを始め、本イベントの開催にあたり、ご協力いただきましたみなさまにこの場を借りて、厚く御礼申し上げます。

イベント内で登場した津軽特産品のご案内

長谷川自然豚

長谷川自然牧場

〒038-2701 青森県西津軽郡鰺ケ沢町大字北浮田町字平野110

Tel:0173-72-6579

長いも

H.GREENWORK 長谷川 貴輝

〒038-2701 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町北浮田今須前田6

鯨餅

本舗村上屋

〒038-2753 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町72

Tel: 0173-72-6579

清水森ナンバみそ

チバファーム(千葉 照良)

〒036-8161 青森県弘前市大清水2-2-2

Tel: 0172-27-5766

安東水軍 純米無濾過しぼりたて(日本酒)

尾崎酒造

〒038-2700 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字漁師町30

Tel: 0173-72-2029

嶽産とうもろこし

有限会社 岩木屋

〒036-1202 青森県弘前市常盤野字上黒沢103

Tel: 0172-83-2475

りんごジュース

きゅうさんの畑(斉藤 晶子)

〒036-1202 青森県弘前市十面沢大35-42

Tel: 0172-93-2567

毛豆のお漬け物(試作品)

河村屋

〒331-0821 埼玉県さいたま市北区別所町1125-6

Tel 048-667-6733

シェアFacebookTwitter